FC2ブログ

コンサートのこと その4

このまま、コンサート本編に入る前にレポートが途切れるんじゃないかと

私もハラハラしましたが(苦笑)、

気を取り直して進みます。


とは言っても、

曲目については詳しくは触れません。

(色々とややこしいことがあるので)



受付の装飾をお友達の風船芸人さん(バルーンおやじの南さん)がしてくださったの!

・・・いや、これは半強制的に私がお願いしたものなんだけど、ははは。

作ってくださるものは指定しなかったの。

だって、どんなものを私のために作ってくださるか

そこがとっても重要だったから!!

f:id:makpink:20121225200215j:image:w360

会場のカナリアホールにちなんで

可愛いカナリアが作られていました★



1部は

ピアノの金益さんのソロから。

これもまた

「私に合いそうな曲をお願いします」とお任せしちゃったのであります。

・・・こういうのが楽しいんだよなぁ、私。

私の主観ではなく、他の人から見た私を知りたいじゃない???


私自身も

歌を聴いてくださる方には

私の想いを押しつけるというよりも

私の歌を聴いて、お一人お一人が何かを想うことができる、

そんな遊びの部分を残した歌をお届けしたいのです。


そんなわけで

曲も、事細かに心情が書いていない、ある意味説明不足のような、

聴いた方が色々想いを馳せられるような曲が好きです。


・・・余談でした。


金益さんのピアノソロは

金益さんのオリジナル曲からで、

コンサートの始まりにはピッタリの

さりげないけれど、これから何かが始まる期待を感じさせる曲でした。



ピアノソロが終わって、いよいよ私なのです!

会場に入ると前奏が始まります。

まずはシャンソンから・・・。

(カンツォーネの会なんだけどね・・・)

f:id:makpink:20121225191201j:image:w360

ロイヤルブルーの衣裳です。

f:id:makpink:20121225183922j:image:w360

f:id:makpink:20121225192440j:image:w360

会場はこんな感じ。

コンサートというよりもライブみたい、かな。

お客さまととても近くて、私は逆に安心しちゃったけど。



1部は

カンツォーネがほとんどで、

日本語とイタリア語を交えながら歌いました。

(原語だけの曲もあったけど)

カンツォーネを知らなくても楽しんでもらいたかったので、

日本語の歌詞は重視しつつも、

イタリア語が分からなくてもその響きを楽しんでもらえたらと

イタリア語も混ぜて。

あとは曲の構成をなるべくリズム重視で持っていけたらと考えていたので、

・・・この辺は音楽療法の勉強が役立っている気もする、うん。


f:id:makpink:20121225191244j:image:w360

「マイクがいらないんじゃないか」と終演後の感想でいただいたくらい、

朗々と歌い上げてます、ははは。


私にはカンツォーネを歌うときの発声が

本当に体に気持ち良くて(快感です、快感!笑)、

だからカンツォーネを歌っていると言っても間違っていないかも。

私が歌い続けてこられた大きな理由は、まさにこれ。

私って、単純だー(苦笑)。自分に正直なのです。




2部へつづく

スポンサーサイト



Leave a comment

Private :

Comments

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
08 10
プロフィール

安田真紀子

Author:安田真紀子
安田真紀子のブログです

【ご予約・メール】
makmak-pink@memoad.jp

17歳よりヴォイストレーニングを始める。カンツォーネ歌手石鍋和子氏、加藤順子氏に師事。その伸びやかな歌声、豊かな声量には定評がある。カンツォーネを中心に、シャンソン、ポップスから歌謡曲まで幅広くレパートリーを持ち、聴き手に寄り添いながら歌うことをモットーとしている。

2015年
第23回太陽カンツォーネ・コンコルソ
ポピュラーの部 第1位

 また、パネルシアターやバルーンを使ったパフォーマンスユニット“ハッピーメロディー”として保育園、幼稚園、福祉施設、様々なイベントで公演活動を行うと共に、大学・専門学校など幼稚園教諭・保育士養成校の講師を務める。

★2019年11月16日(土)
北とぴあ カナリアホールにて
ソロコンサート開催予定

最新記事
カテゴリ
最新コメント
アクセスカウンター
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR