ちょっと嬉しかったこと

今日は淑徳短大で

『パネルシアター学生交流会』

という勉強会を兼ねた交流会があったのです。


私はもう学生じゃないですけど

(え?知ってた??)

どちらかというと

もう学生さんたちにパネルを教える側に入ってきましたし、

今の学生さんたちの演じ方や題材の選び方、

どんなところで彼らが笑うのか、などなど

私たちも勉強になるのであります。



今回は参加大学が9校に増えました。

学生さんたちにとっては

同年代の子たちの作品や演じ方など

とても刺激になると思うので

大いに感じて学んでほしいなぁと思いました。





・・・でもさぁ、

ハッピーメロディーって

何だかいつも居場所がないんだよね(苦笑)。

パネルシアターが好きな人と話が合わないことが多いの。


私たちは私たちなりのパネルシアターへの思いがあるのに。

たくさんの公演の中で学んだものが

(毎年70~80公演します)

私たちの作品や公演にはすごく活かされているのに。


でもちょっとディープなんだろうなぁ。


だから

主にはマニアックなファンしかいません。

もしくは

パネルシアターで主に活動されている方々からは

熱い支持をいただいております。


それだけでもありがたいので良しとします。



さてさて

何が嬉しかったかと言うと、

ラストの古宇田先生の公演の中で

ブラックライトの作品(子守唄だったような?)があったのですが、

そこで使われていた音源が

私が弾き語りをしている音源で

(いつだったか先生に頼まれて録音したんだった、すっかり忘れてた)、

自分でいうのもなんですが・・・、

作品の静かさとキレイさに合った

聴くに堪えうる歌だったので、

ちょっと嬉しかったし、ホッとしました。


こうして古宇田先生が

音源を公演で使っていてくださるのもありがたいし、

その音源が自分でもとりあえずマルをあげられる歌だというのも

嬉しいことなのです。



歌を続けていた良かったなぁと思う瞬間であったのと同時に、

これからも

どんな形であれ歌っていきたいなと思う瞬間でもありました。

スポンサーサイト
00:17 | 未分類 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
母退院 | top | ゆきあそび

Comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://makmakpink1.blog.fc2.com/tb.php/208-a935cf92
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)