大事なことは

ここ最近は、
パネルシアターの方の公演準備でバタバタしています。

自主企画の公演があるので、
(※普段は依頼を受けての公演がほとんどなのね)
そちらの構成やら細々としたことを考えているのだけど、
行けども行けども終わりが見えなくて(苦笑)。

今回の会は、
私たち以外にも2グループ一緒なのです。

いやぁ、
ハッピーメロディー2人でも
意見を合わせるには喧嘩腰になるのに、
本当に意見を擦り合わせるのは大変だなと
改めて思ってます。
(喧嘩腰にはなっていません、あしからず)

何というのかなぁ、
公演に対する考え方とか、
その公演という定義も
幅が広いというのか、
どこを大切にするかということが
それぞれみんな違うんだなぁと・・・。

いや、これは
パネルシアターに限ったことではなくて、
歌でも何でも同じなのね。


昨年末の自分の歌のコンサート、
私は私のやりたいように
演出、構成、チラシやチケットのデザインなど、
とにかく、
自分がこうしたい!ということは
自分ができうることであれば
全てやらないと気が済まないし、
自分ができないことでも
私の思うようにしてくれる
信頼できるスタッフさんをお願いして、
そこはもうお任せという形を取りました。

私はよく「理想が高い」などと
友人にあきれられちゃうんだけど、
でもさ、
私が理想を求めて、
例え理想まではたどり着けなかったとしても、
精一杯やったと思えたならば
納得できるの。
それに、
そうでなければ
お客さまに私のしたいことを分かってもらうことはできないだろうし、
お客さまに楽しんでいただくことだってできないかもしれない。

私はそんなやり方しかできないのね。
それは非効率的なのかもしれないのだけど。

常に変化を求めたいし、
新しいことをしたいと考えちゃう。

ただ、
常に変化することや新しいことをするということを
多くのお客さまはあまり望まれていないのでは・・・、
と感じることも多く、
実際、そうだったりすることも
分かっているつもりなのです。

ドラマの水戸黄門は
いつも同じような流れで、同じようなラストをむかえる、
しかも勧善懲悪。

ある意味、マンネリだけど
先が読める安心感がそこにはあって、
そういうものを人は求めてたりする。

ライブで曲を選ぶとき、
10曲歌うなら、
8曲は馴染みのある曲にしようと考える。
やっぱり知っている曲って安心感がある。
本当に聴いてもらいたい残りの2曲が際立つし。


人の心理をうまく読んで仕事をすれば、
自分が望む形かどうかは別として
うまい方向に進むのかもしれない。

でも、
うまく読めたとしても
それを利用する、って考えてしまうと
・・・私にはできないなぁと思っちゃう。

だから私は「甘い!」って言われちゃうんだろうけど(苦笑)。

もともとそういうことが自然にできるなら
それが一番なんだろうけど。

はぁ、
まだまだ修行が足りませんな。
スポンサーサイト
11:49 | あれこれ | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

ご無沙汰しております・・・

この前の更新からだいぶ経ってしまいました。

あの、いたって元気です。

7月がパネルシアターの公演などなどで
かなりバタバタしていたもので、
それを何とか乗り越え、8月は9月からの公演に備え、
作品作りや12月の公演ラッシュに向けての準備等々・・・。

とかなんとかパネルシアターのことばかり言ってますが、
今年もコンクールでは2位をいただきましたので、
何かコンサート的なものも企画したいとも思っています。

・・・今頃「やりたいなぁ」なんて言っていても
かなーり出遅れ感があるのですがねぇ。

昨年のコンサートを踏まえて、
更にお客さまが楽しんでくださる構成にしたいと思うわけで
(芸人の性であります!)
悩みどころですね。

パネルシアターの公演のように
毎回お客さまが違うならば、内容がある程度似通っても
許される部分はあるのかなと思うのだけど、
また来てくださる方となると
また新しいものを観ていただきたい、聴いていただきたいとなるしね、
私自身も常に変化を求めたいので。

とりあえずこの8月はパソコンとにらめっこする予定なのです。
これはハッピーメロディーの新たな企画で、
ちょっと根詰めないと出来上がらなそうなモノなの。
この夏の宿題なのです。


今日、テレビでテレサテンさんの特集をしていて、
観ながら思わず一緒に口ずさんじゃいました。
私、憂いのある曲が好き。


うだるような暑さですが、みなさんもご自愛ください。
01:32 | あれこれ | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑